FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?


何とも寂しい光景ではないか?このビジネスは、「思い込み」で始まり、「思い込み」のままで終わりを告げようとしている。それは、供給する側の「想像力・創造力」の無さ故の結果としか言い様がない。そして、前述のグラフは、日本経済の実態をも象徴的に表している。アベノミクスが巨額の税金等をつぎ込んでも、需要の喚起も、インフレの達成もできず、年月だけが過ぎた。そして、何よりも金融緩和で一番に狙った「通貨安」もまた、「元の木阿弥」と化した。

だが、供給側がお金を掛けて作り出そうとした「需要」は、一部の人々に限定されたものだが、真の「ニーズ」を喚起する作用をもたらしている。その「ニーズ」は、今のところネットを通してしか集めることができない程拡散している。だが、逆に言えば、その「ニーズ」はネットを通せば、集めることができる。

私には、「流れ」を掴んだ確かな感触がある。代理店の人たちからは決して得ることができなかった「勢い」を、一般の人々の息遣いを通して感じるに至っている。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 何が問題なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |