FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?

グラフ

上記のグラフを見ていただきたい。大型容器の宅配業の顧客数や生産量の推移だ。顧客数はサーバーの台数としてカウントされている。グラフの青はリターナブルボトルを示し、赤は大型のワンウェイペットボトル及びBIBを示している。

この5年間ほぼ横這いを示している。これだけ売上が頭打ちになっているにもかかわらず、その裏でプラントの大型化には歯止めがかからず、この業界は完全に自律神経を喪失するところまで行き着いてしまっている。

アメリカで叫ばれた「シェール革命」は記憶に新しい。この「革命」に人々を巻き込むために、石油価格は意図的に上げられた。シェールガス開発の資金調達のために、1バレルを100ドルまで高騰させた。市場という名の超大国は、そんなことすら「お茶の子さいさい」でやってしまう。大統領までが、この似非「革命」を高らかに宣言して見せた。それが、1バレル30ドルまで下がり、投じた資金は「くず鉄」と化した。そして、もう「シェール革命」を叫ぶ者は人っ子一人居ない。

日本に於ける大型容器の宅配業も、「シェール革命」同様、もう叫ぶ者は居ないに等しい。それでも減価償却の済んだプラント等が動く間だけは事業を継続しようと思う人たちが続けている。しかし、このビジネスに「未来」を見出している人は「もう」いない。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 何が問題なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |