FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?


持続可能な事業を、自分たちの明確な意図を持って続ける。事業に重要なことは、拡大ではない。重要なことは、その事業に携わる人たちが、必要とする糧をそこから安定的に得て行くことができるか?否か?だ。喩えて言うならば、それは農業の中に原型を見出すことができる。奴隷に作業をさせていた時代ならいざしらず、近代では農業で大富豪は生まれない。その代わり、農業をしていて「食いっぱぐれる」ことはないし、農業ほど持続可能性に富んだ生業はない。

「晴耕雨読」という言葉があるように、自然と共に生き、自分に与えられた時間を上手に使う。その中で自分が持って生まれた力を磨き、身に付けていく。その意味で、第一次産業や製造業は、人間にはなくてはならない業態だ。それは人間の精神衛生を良好に保つという点からも重要な事業だ。その意味で、「天然水という、人間にとって唯一とも言える再生可能エネルギー」を扱う事業が、その必要性を失くしてしまうことはない。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 原点に回帰する>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |