fc2ブログ

医療革命 新アレルギー治療


それが、人類のみならず生命が得て来た「適合性」をないがしろにする地点までやってきました。私たちは、文字通り「習うよりも慣れろ」という実践を通して、自然と共存する術を体得してきました。その私たちが知らず知らずの内に、「生物」として、とても「弱々しい」ものに成り果てています。それは、喩えて言えば「鳥インフルエンザ」に罹り、バタバタと死に至る養鶏場の鶏のような存在です。「鳥インフルエンザ」に感染しないように「清潔」に保たれた鶏舎に、わずかばかりの「菌」が侵入すると「(自己)抵抗力」を奪われた鶏たちは先を争うように「死」に至ります。そして、その後は人間の「得意技」が繰り出されます。他に感染が行き渡らないように「皆殺し」にしてしまうのです。

私たちは、なぜ?そして、いつまでこうした同じ光景を見続けることとなるのでしょうか?自然界に住む「鳥」たちにとって「鳥インフルエンザ」は、一体どれほどの猛威を振るっているのでしょうか?それは、放って置くと鳥類全体を死に至らしめるものなのでしょうか?そうではありません。それは「自然淘汰」の範囲内で起こることであり、放置しておくことで「収束」していく事態の一つに過ぎません。
それが、鶏舎では全く違う様相を呈してしまうのはなぜでしょうか?一番の要素は、鶏舎では「鶏が健全に生きる環境に置かれていない」ことです。すし詰め状態に置かれ、抗生物質まで投与された鶏たちは、肉片として加工されるまで、生きて大きくなってくれさえすればよい存在です。生命力に溢れた存在として育てられているわけではないのです。

私たちは、生態系の頂点にいる者として、そうした肉片を日夜体内に取り込んでいます。そして、同じような清潔意識を、「当然の常識」として植え付けられ、生物の進化から逸脱する道を歩んでいるのです。そうしたことを、医学(科学)が主導し、先導して来ました。一番「生命」を間近で見ているはずの医師たちが、実は「生命のつながり」や「生命の進化」という最も「本質的」なことを見逃して来てしまったのです。そして、私たちの多くが彼らの「ご託宣」を鵜呑みにしてきたのです。今回の番組を通じて、私たちが見たものは「そうした現実」の舞台裏でした。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード