FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ミトコンドリアの不思議


「体をつくる水、壊す水」を読み、私に取って、事は「哲学的」な様相を呈し始めました。と言うよりも、人間が育んできた「哲学的な観点」の出処とは「何なのか?」それを見知った思いを強くしました。そして、その思いを「確信」にまで高めてくれた記事をネット上で見つけたので、紹介します。

+++これまでにもミトコンドリアについては少しお伝えしてきました。私達人類が、交配や交雑を繰り返して現在の姿かたちに進化してきた過程で、細胞内に取り込まれた微生物だということ。そして腸内や鼻腔、口腔、皮膚表面に住みついた「人体常在菌」たちと一緒に様々な働きで私達を生かしてくれている存在だ、ということetc.+++

この記事の出だしを見て、私は「これは、藤田紘一郎先生の本の続編だ!」と感じました。そして、こちらも「名のある」大学教授の書かれた記事の紹介でした。人体を「生命のつながり」という視点から見ているお医者様が居ます。医学を薬から「切り離し」て語るお医者様が居ます。その存在は、はっきり言って今の日本では「マイナー」な存在です。しかし、決して「主流」でないまでも、しっかりと存在していることを知りました。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ミトコンドリアの不思議 | Water Diary | 藤田紘一郎著 「体をつくる水、壊す水」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |