FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

新サーバーのご紹介 2

HC66L2.jpg

このサーバーメーカーにはオアシス社の駐在員が常駐して製品をアメリカに輸出し、「オアシスブランド」として販売しています。その経緯もあって、この会社の製品は日進月歩で改良が進められています。電気的にも細部の作りについても、オアシス社が細かな点での指摘を重ね、それが製品に活かされています。ノンスピルガードの脱着もスムースにでき、突起部がガードと一体になっているため、ネジ式のもののように外れて冷水タンク内に落ちてしまうという心配がありません。温水のドレインも短くコンパクトにできていて、蛇口以外はステンレス製ですから、蛇口さえ外せば、温水タンク内を蒸気殺菌することができます。

サーバーのメンテナンスを通じて、中の見えない温水タンクの問題を抱えましたが、解決策として弊社ではポータブルスチームクリーナーを導入しました。蒸気殺菌は、密閉式の温水タンク内の殺菌には打ってつけです。但し、温水タンクの前後の配管等に樹脂が使われていると、スチームの量を押さえながら使うことになってしまいます。その点、このサーバーの温水タンクには、心おきなくスチームがかけられます。その意味で、たいへんメンテナンスし易いサーバーです。

弊社では、このサーバーを日本における普及型サーバーと位置づけます。そのため、価格は「なるべく」安く設定したいと考えています。とは言え、普及型が「安かろう悪かろう」であっては話になりません。また、この間に学んだ「メンテナンスにかかってしまう経費」の「圧縮」という課題も機種選定の重要な要素に加えました。デザイン性・清潔感・高級感はピカ一で、特に女性の評判は上々で、非常にコストパフォーマンスの高い商品です。
価格については、弊社でのモニター後、お知らせすることとします。ご期待ください!

尚、一緒にモニターに取り組んでいただける方や企業を募ります。モニター特別価格は18,900円です。コンプレッサー及びサーモスタットを載せ替えるために、入荷は12月20日頃を予定しています。問題点の改善や実際に輸入する際の共同仕入れにつなげたいと考えています。みなさんのモニター参加の有無が、価格を押し下げ普及型サーバーの促進の正否に直結しますので、積極的なモニター参加を期待します。
(完)
別窓 | サーバー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<モニター募集! | Water Diary | 新サーバーのご紹介 1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |