fc2ブログ

売れる水、買いたい水


それらの混入物を、欧州各国が採用しているような「緩速濾過法」を用いれば、「ゼロ」に近いものとできる。昔は、日本も「緩速濾過法」で水道水を作っていた。今でも「そう」なら、私が「水事業」を始める理由はなかった。

欧州で行われている「緩速濾過法」は念入りだ。欧州は歴史や自然を尊ぶ。彼らには、町並みや景観を安直に変えてしまうような「軽々しさ」がない。同時に自分たちが積み上げて来た「文化」や「伝統」に重きを置き、その継承を当然のことと考えている。「保守的」と言えばそれまでだが、欧州の人々は、「時間の持つ重み」と「人の心の移ろいやすさ」を良く承知している。その欧州で、「ミネラルウォーター」という概念は育った。「ミネラルウォーター」は、「自然のまま」であることを旨として、人が手をかけてはならない。それが彼らにとっては、「活きた水」の証しだ。「天然」のままであることが「活きた水」である。そして、その「活きた水」が人体に及ぼす「力」に価値を置いている。だから、お金を投じて買い求める。そういう文化が、同時に「緩速濾過法」を入念なものとさせている。できるだけ、「自然でない」モノは体内に入れたくない。それが、彼らが長い年月から学び、「不文律」としてきたことだ。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード