fc2ブログ

緩速濾過法と急速濾過法


日本に急速濾過法を持ち込んだアメリカは、人体実験の末「明白な結論」に達した。「最も基本的な食品」で「毎日2ℓは最低でも体内に取り込まなければならない」ものを「急速濾過法に頼るのはリスクが高過ぎる」と。アメリカでは、もう30年以上前から、ガロンボトル入りの(天然)水が「飲用や料理用」として、水道水に取って代わっている。しかし、アメリカの「後を追い続けてきた」はずの日本は、目の前を行く「手本」が居なくなったことに気付いていないわけではない。そのことは「百も承知」で、日本の行政は平然と「高リスク」な人工水を配給し続けている。だが、私たち国民には、その現実が知らされていない。だから、誰も、その配給水の危険性を認識していない。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード