FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

売らない水、買わない水


そもそも、「なぜ?水は儲かる」と考えられたのか?と言えば、「水は万人にとって、なくてはならない存在」だからだ。だが、日本の大型容器の宅配水業界は、「サーバー」一辺倒に偏ることで、「万人向け」というアドバンテージを自ら「否定」した上でことを始めた。その誤謬は、ワンウェイの「ぷよぷよボトル」や「8ℓ・12ℓペットボトル」と、目先を変えて行くことで解消しようとしてもできるものではない。

あらえびすの「オルタナティブ」は、この迷路にはまり込んだ水ビジネスを変えていく。窮屈過ぎるほどに凝り固まった日本の大型容器の宅配水業界に対し、彼らは天然水の「普遍的な価値」を前面に押し立てる。その「ストレート」且つ「自由」な発想は、そもそも「サーバー」を必要としていない。「売らない水、買わない水」というメッセージは、「普遍的な価値は、カネには換え難い」ことを知る人々の共感を得、今後共支持の輪を広げて行くことだろう。私は、より「万人向け」という点で、この正統派の登場を双手を挙げて「歓迎」したい!そして、もう少し、彼らから「学ぶべき」点を明らかにしたいと思う。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<売らない水、買わない水 | Water Diary | 売らない水、買わない水>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |