fc2ブログ

災害特約付き天然水道


昔、「コンピューターの2000年問題」という騒ぎがあった。その時伊香保の旅館経営者が、「マジ」に水の確保を考えた。「3ガロン100本を備蓄したい」と注文して来た。そういう例もある。増して、「首都直下地震」は「必ず起きる」とされている。水の確保を考えている「ビルオーナー」は必ず居る。その様に考える「ビルオーナー」に、ビル全体での「飲用水」の備蓄と災害時の「納入協定」をワンセットとしたものを提供する。
たとえば毎週納入という取り決めをした場合に、在庫を2倍相当量とし、災害発生時から1週間後までには必ず1週間分の補給を行うという「専属供給」の取り決めをする。想定し得る「巨大地震」が発生しても、1週間後には災害緊急輸送車は入れるようになる(はずだ)。それが「不可能」とすれば、東京は文字通り壊滅してしまう。「天然水道」を首都直下地震ないしは、東南海トラフ地震時の「備え」として「災害特約付き」で契約する。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード