FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

災害特約付き天然水道


同様に、巨大地震への「危機感」も麻痺したままだ。プレートの沈み込みによる「ストレス」が各所で計測されている。科学的な根拠を持って、近い将来「起こる」巨大地震が予測されている。そんな東京に「オリンピック」を誘致すると言う。その神経が、そもそも理解できない。だが、それが「日本経済の再生に寄与する」という「キャンペーン」が「大地震へ危機感」を封じ込めてしまっている。これだけ「おめでたい」人々に「物事の道理」を分からせる手段は、はっきり言って「ない!」。だから、二つの危機は同時進行で進み、私たちを直撃することとなる。

人間が対処できないほどの大規模自然災害が頻発する中、「巨大地震」もまた地球の営みとして、私たちに迫ってきている。「自然との共生」という生き方をかなぐり捨てた私たちに、地球の営みが「襲いかかって来る」のは当然のことだ。地震多発国に「バベルの塔」を築き上げ、津波の押し寄せる海岸線を選んで工業地区や住宅密集地を作ってきた。巨大なガソリンタンクや原発も、好んでその海岸線に立地させている。「津波の恐ろしさを語り継ぐ」という言葉とは裏腹に、そもそも「巨大地震」対策など「一つ」も考慮されていない。

「巨大地震」が想定されているにも関わらず、私たちは「どうぞ、壊して下さい」と言わんばかりの「都市」を作り続けてきた。その「都市」が「自然」と正面衝突を起こす。それは避けられない。今回の「大雪」程度のことで、都市機能はマヒした。「停電」やら「道路の閉鎖」で「孤立」する集落がアチコチでできた。その「孤立」が、「想定される巨大地震」では大都市部を中心に起きる。そして、その時一番懸念されることは、「飲用水」の補給が断たれるという事態だ。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<災害特約付き天然水道 | Water Diary | 災害特約付き天然水道>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |