FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

災害特約付き天然水道


社会の単位を不要に大きくして来たため、「大男総身に知恵が回りかね」という状態が生まれている。「平成の大合併」などが良い例だが、効率化を進める方向が「逆さま」のため、社会の非効率化がどんどん進んでいる。本当は、社会の単位をより小さくして、各々の自助努力を引き出すことをしないと、もう今の社会は「立っていられない(もたない)」。にも関わらず、私たちの社会は全く逆方向に進んでいる。お陰で、私たちは「自分たちにできる努力」を捨て去り、善くなれる「退路」を自ら遮断してきてしまった。

食糧も、エネルギーも、水も、すべてが「カネで買える」モノとされている。だから、どれも自分で生み出そうとは考えない。それらを人任せにして、私たちはその代わりに「何をしよう」としているのか?モノを買う「カネ」を得るために、私たちは一体「何をしている」と言うのか?また、その「している」ことは、「カネ」を得るために「十分」な行為と言えるのか?私たちは、食糧生産に何らかの寄与をしているか?という点を「ぜひ」自問してみてほしい。確かに全員が「食糧生産」に関わらなければならないことはない!だが、それも程度問題だ。今のように大半の人々が、「(食糧)生産」に関与せずに、食糧も、エネルギーも、水も「節約」しないで、ただ「浪費」することばかり続けたら、「どうなるのか?」

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<災害特約付き天然水道 | Water Diary | 災害特約付き天然水道>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |