FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ぐんぎんビジネス大賞


3.ガロンボトル事業の有用性 消費増税を控えて

a. 相違点

大型容器のミネラルウォーターと市販のペットボトルでは何がどう違うのか?その点が日本の場合は、不明瞭なため、日本では大型容器のミネラルウォーターが市場形成できないでいる。
ガロンボトルのミネラルウォーターの役割は、水道水に取って代わることだ。アメリカでは、「飲食に関わるものをガロンボトルの宅配水」に頼っている。そのため、8~9割の人々が利用している。また、水道が社会資本として整備されていない国では、まさしく「水道に代わるもの」として利用されている。その分、誰もが使える価格設定がなされている。逆に、そうした価格設定を前提とすると、ガロンボトル以外では供給の条件をクリアできない。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ぐんぎんビジネス大賞 | Water Diary | ぐんぎんビジネス大賞>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |