FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

資本主義と民主主義


世の中が、いよいよ理屈に合わない動きをするようになってきた。無論、社会が不条理で動くことに、私としては違和感を感じているわけではない。元々人間が生きている社会は、「権力」の意のままで動く。そういう力学が働かない社会を実現したことは、人類はまだ一度もない。だが、何度も同じような話をするが、資本主義と社会主義が並存する社会では、お互いが「自分たちの標榜する社会の方が正しい」と主張し、ある意味で「切磋琢磨」する努力がなされていた。それが、資本主義の勝利で事情が変わった。プロバガンダに過ぎなかったにせよ、どちらが「清く正しい」か?を競う必要がなくなった。お陰で、「たがが外れた」社会は、それこそ「何でも有り」という社会となった。

だが、自分たちを含め、私たちは民主主義教育を受けてきた。だから、私たちは至極当たり前なこととして、「平等」や「博愛主義」や「人道主義」に慣れ親しんできた。その教育を施してきた側も、「教育費の無料化」や「社会保障の充実」やら、できるだけの「綺麗事」を並べ、自らの社会が「赤」に染まらないよう腐心してきた。そして、その甲斐があって、資本主義は「勝利」した。しかし、その勝利は、民主主義の勝利であって、本当のところは「資本主義」の勝利ではない。その微妙だが本質的な違いが、「いま」多くの人に違和感を感じさせている。「どうも話が違う!」と。

(つづく)


別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<資本主義と民主主義 | Water Diary | 壮大な無駄>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |