fc2ブログ

サントリー+アクアクララの化学反応


何はともあれ、サントリー+アクアクララが動いたことで、彼らがそこまでを視野に入れているかどうか?は別にして、「飲用水事業の民営化」は否が応でも「まな板の上に上がる」こととなる。大企業が豊富な資金力を投じテレビCMで「天然水」を連呼すれば、テレビから離れない人々の頭には「天然水」が、強迫観念の如く貼り付く。そうなれば、国民の多くが「天然水」を水道水に代わるモノとして意識する日々がやって来る。そこに、何処(群馬)かの自治体が動けば、その動きは日本国中津々浦々に広がっていくこととなる。「テレビCM」か?「国や地方自治体」か?そのどちらにせよ、そこにメディアが絡めば、人々の意識は「コロッ」と変わる(変えられる)。だからこそ、「テレビCM」にお金を掛けられない私たちは、県を担ぎ出す必要がある。「大義」は、「地場産業の活性化」だ。だが、それは「噓をついて」担ぎ出すわけではない。県とて、県内産業を隆盛に導けなければ、地方経済は痩せ細るばかりとなる。補助金をもらうことで、その後の県税導入を不可避にしてしまう「愚」を繰り返す財政的余裕は、もう地方には残されていない。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード