fc2ブログ

「飲用水」事業の民営化を!


追記
「飲用水事業の民営化を!」をブログに掲載している間の11月20日、以下のような記事が日経電子版に掲載された。

「サントリー食品インターナショナル傘下の飲料販売会社、サントリーフーズとミネラル水宅配大手のアクアクララ(東京・品川)は20日、販売提携したと発表した。12月からアクアクララが、家庭用宅配でサントリーのミネラル水「天然水」を扱う。サントリーは提携で2014年にサーバー1万台の新規開拓を目指す。サントリーは12年春から天然水の宅配事業を本格的に手掛け、東京や大阪など都市圏を中心にサービス提供地域は18都府県。アクアクララは東名阪の三大都市圏から全国へ順次、展開地域を拡大する計画だ。」

最後に上記の記事に触れて置く。サントリーは、いずれの「飲用水民営化」をにらんだ布石を打ち始めたと考えて良い。 ​この会社は「機を見るに敏」だ。この​動きに他の「RO各社」は​足下をすくわれる思いをしている​だろうが、​ ​「天然水」側としては願ってもない流れが生まれる。サントリーが動くことで、ガロンボトルから「RO水」が消え、「天然水」が​常識となる。​そして、「飲用水民営化」の受け皿に柱ができることとなる。

だが、​サントリーが如何に「一人勝ち」を ​狙っても​、できるものではない。それだけ、「飲用水事業の民営化」市場は巨大で、1社如きでカバーできるものではない。アメリカ同様、地元の水工場も​続々と参入し​、「飲用水の天然水道網」が構築されていくようになる。今のようなネットワークビジネス(ねずみ講)的要素は一掃され、その分ガロンボトルビジネスから「いかがわしさ」が消える。アメリカのように8〜9割の人々がガロンボトルで「天然水」の供給を受ける様になれば、 ​地方(​地元企業​)​ ​が持つ優位性は揺るぎのないものとなる。​フットワークに関して言えば、大企業と競合しても軍配は地元企業に上がるからだ。​結果、大小が混在する供給側の整備は進み、水資源の利用率は上がり、利用者の利益も担保されていくこととなる。それは、 ​私が繰り返し述べてきた流れと合致するものだ。​

​「天然水道網=飲用水の民営化」は、草の根の力なしには達成できない!そして、「地産地消」という商売の普遍的な強みを活かせる「土俵」で、私たちは末永く着実な商いを展開して行くことができる!こととなる。

(完)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード