FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

「飲用水」事業の民営化を!


東京で供給されている水は、群馬の下水を濾したものだ。農薬も糞尿も工場の排水に含まれる化学合成物質も混ざっている。それを十分に除くことは、今の水道局の水処理ではできない。そこに塩素を加えることは、実はとても危険なことだ。にも関わらず、それら全体に水道局は膨大な税金を使っている。彼らに「節税」の意識など、これっぽっちもない。そして、税金を投じたものは、利益を生まない。だから、管理も疎かになる。きちんとした管理のできない人たちに、人体の健康管理を司る「水」を任せておいてはいけない。

ー 数日前のこととなるが、身近な人から衝撃的な証言を得た。その人は渋川市内の設備屋さんに勤めていて、「水道本管と支管のつなぎなどの工事に携わっている」。その人の口から、私の住む「(群馬県渋川市)北橘地区の水道本管は、ほとんどが石綿(アスベスト)セメント管だ」と言う話を聞かされた。以前、小島貞男先生の本に、「水道本管にアスベストが使われている。」という話が載っていたので紹介した。「戦後間もなくは、安いこともあってアスベストセメント管はあちこちで使われた」と書かれていた。だが、「まさか今でも使われている」という確証はなかった。先生は、水道管がもたらす危険性を書き留め警鐘を鳴らしたが、もう亡くなられた。水博士と呼ばれた先生は、「自分が関与して供給していた水道水よりも、如何に天然水が安全でおいしいか!」を力説されていた。だが、現実には、公共水道は先生の警鐘によっても何も変わることはなかった。誰もが知っている「発がん性」のアスベスト管は代えられることもなく、平然と使い続けられていたのだ。ー

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「飲用水」事業の民営化を! | Water Diary | 「飲用水」事業の民営化を!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |