FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

儲かる商売


日本の場合も、御上(行政)が道を譲ってくれさえすれば、話は簡単に進む。だが、行政が「分からず屋」だということとは無関係に、「水の世紀」はやってきてしまう。そこで、弊社は、迫り来る「水の世紀」に備え、水の良い地に、草の根で無数の水会社を誕生させて行くことを提唱している。弊社が開発したプラントは、大量生産向けのプラントではない。無数の供給者が、一定数の消費者と結び付くことで、「美味しくて」「健康に良い」天然水を、ふんだんに使っていただけるように「安く」供給する。それを可能とさせるプラントだ。弊社の洗浄充填機の時間当たりの製造本数は90本だ。1日7時間の稼働で日産630本。月25日の稼働で月産は15,750本となる。その数を作り、工場の出し値を1本420円とすれば、売り上げは661万円となる。その製造に必要な人員は4人も要れば、十分だろう。一人頭が150万円以上を稼ぎ出すことになるのだから、利益は十二分に見込める。それを、できるだけ近場でお使いいただくようにできれば、配送代だけも食べて行ける計算が成り立つ。だから、そこにも、新たな雇用が生み出せる。「需給」関係を供給量に合致させることできれば、消費者も極めて安価で良質な「天然水」を安定的に手にできる仕組みだ。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<儲かる商売 | Water Diary | 儲かる商売>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |