fc2ブログ

儲かる商売


水は無色透明だ。それが、外見上同じようなボトルに詰められて、宅配される。値段も大差はなく、どれも市販のペットボトル入りミネラルウォーターよりも高い。消費者の反応はと言えば、「ああ、これね。知っている。誰それの家にもある。」とサーバーを指差す。試飲サービスをしても、勝手知ったる子供たち​が我先に冷たい水を飲み干して行くが、​大人​はチラシを受け取る気配も興味を示すこともない。そもそも、水メーカーに違いがあるという認識もないし、どれもが同じに見えてしまうほど、「大型容器の水」は興味(購買)の対象から外されている。

一方、アメリカではほとんどの家庭が、ガロンボトル入りのミネラルウォーターの宅配サービスを受けている。消費者の公共水道への不信感から水道離れが進行する一方、小さな政府を標榜するアメリカでは、行政は巨額な維持費を必要とする水道から手を引いた。たとえ維持費を掛けても、浄水場を出た水が蛇口に達するまでの安全性を保証出来る人はいない。巨大なブラックボックスと化した、水道本管と支管に行政が責任を持つとしたら、一体どれほどの税金をつぎ込まなければならないか?合理性を重んじるアメリカでは、「飲み水」の配給は民間に託した方が経済的だし合理的だという結論に達した。だからこそ、ガロンボトルで供給される水の値段は、ペットボトル入りのものより「安い」。ガロンボトル入りの「水」は、水道水に代わるモノという使命を帯びているからだ。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード