fc2ブログ

転換期


そこに、降って沸いた「アベノミクス」が追い打ちを掛ける。アベノミクスによる円安誘導は、輸入品の価格を押し上げる。食糧自給率が極端に低い日本の食卓は、その影響をモロに被る。その上、政府は物価を意図的に2%上げることを公言している。そして、消費税も上げる。それが、なぜ?お祭り騒ぎにつながるのか?不思議だが、「現状の閉塞感をぶち破ってほしい」という「鬱積した思い」が、極めて情緒的な今の政権支持につながっている。だが、一方で「政治への不信感」は拭えるはずもなく、人々の生活防衛意識は緊迫の度合いを深めている。そして、それが、既に「水の使用量」にも反映して来ている。

サーバーをただで貸す商法は、「水」を消費してもらうことでしか元を回収できない。その「水」の使用量を削られれば、代理店は成り立ちようがなくなる。成り立たない代理店は商売を終うしかないが、それを尻目に新たに代理店になろうとする人は居ない。故に、「RO水」のマルチ商法は「坂道を転がり落ちる」こととなる。今まではひた隠しにできていたが、この事実はもはや隠しようがない。いよいよ「表面化」してくる。

運送会社からも「値上げ通告」が相次いでいる。今までは他社との競合を念頭に、無理して価格を据え置いてきた。だが、それでは「もう!」自分たちの会社は守れない。これは、何も運送会社だけの話ではない。内需を支える企業が一様に背負わされてきた「現実」だ。だから、仮に「値上げ」をすることで、顧客離れが進み、会社が存亡の危機に晒されるとしても、「縮小均衡」に最後の命運を賭けるしかない。消費者の生活防衛意識の高まりと同時並行で、企業の存亡を賭けた値上げが続くこととなる。これがアベノミクスの影の部分として容赦なく進行する。そして、いずれ(遠からず)、「影」の部分こそが私たちにとっての「現実である」ことを、皆がまざまざと知る「時」がやってくる。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード