FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

地方経済の担い手へ


それにはLPガス屋さんだけでは足りない。もっともっと多くの供給側が必要だ。だからこそ、私たちは発想を変え、地方の「貯め」を中央に送り込む「気概」を持って事に当たらなくてはならない!私たちは反目し合う必要などない。喩え群馬の中だけで50軒100軒の天然水工場が軒を連ねても、首都圏の需要には「全然足りない」。水道水に匹敵するほどの価格で供給が叶えば、水道水を飲み水とか料理に使うことがなくなるのは必定だからだ!再生可能な資源である「天然水」は、日本の場合「需要」に応えるだけの「供給量」を十二分に備えている。それを商売に使えるのは、自然を糧としてきた地方の「専売特許」だ。その「専売権」を使わない手はない!! それを例えば、群馬県全体で商う。そのことによって「天然水ブランド」が産まれる。元々利根川の水が江戸・東京の「水」を賄ってきた。それを河川や工業廃水や水道管内で汚れる前に、湧き出たばかりの新鮮で生きたままの「天然水」を瓶詰めにして大消費地に届ける。それを果たすには、新旧の「地方経済の担い手たち」がこぞって名乗りを挙げていく必要がある!

「無から有は生まれない」が、「有が目の前に在ることに気づかなければ、それを有効活用することはできない!」地方経済の担い手たちが「このこと」を理解するのは、いつの日のことか???

(完)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<プラントの受注 | Water Diary | 地方経済の担い手へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |