fc2ブログ

地方経済の担い手へ


なぜ?みんながみんな「原価」とか「配送経費」とか最も基本的なことに頭が回らないのか?私には理解できない。天然水のガロンボトル工場なら2,000万円でできる。工場を持てば、好きなだけのミネラルウォーターが作れる。1日8時間・月25日の稼働なら18,000本が作れる。それを工場仕切り価格を420円とすれば、756万円の売り上げとなる。そして、それを自社配送を組めば、1本当たり210円の配送費を充てがえば「損はない」。つまり、630円で一般消費者にお届けができて、尚且つ売り上げは1,134万円に上る。

中央から地方に押し付けられる「RO水」も「富士山の水」も「630円」では売れない!地元のおいしい天然水を自分たちの供給網を活かして、1本630円で利用者の手元まで届ける。それは、買い手に取っても売り手に取っても、「喜ばしい」ことではないのか?「喜ばれる」商売をして、自然に「貯め」が作れるとしたら、これほど「理に適った」商売はないと思うのが、なぜ?みんなは「別な話に乗せられてしまう」のか?

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード