fc2ブログ

地方経済の中に貯めを作り出す


但し、その話には「前提もある」し、「売れるための理屈もある」。その理屈の筆頭が、「地産地消を前提とする」という点だ。
私たちの事業は、「質の良い天然水」を原材料とするが、その原価は「かぎりなくゼロに近い」。弊社が開発した「精密ろ過ユニット」は、イニシャルコストもランニングコストも「ダントツに安い」。充填機も洗浄機も高性能で日本製であるにもかかわらず、他社製品に比べて圧倒的に安い。安い理由は単純明快で、大企業と「真っ向勝負」をしても「勝算は我にあり!」と言い切れるだけの値付けを弊社がしているからだ。その上、「コスト」という点で、元々ガロンボトル側に存在している「圧倒的な」優位性がプラスされる。重くて、嵩の張るものを動かせば、「本来」なら距離に比例したコストがかかる。使い捨て容器にお金を掛けてしまえば、企業の大小の違いは如実に現れてしまうが、繰り返し使うボトルであれば、その限りではない。

だからこそ、「地産地消」に徹する限り、価格面で大企業と「真っ向勝負」ができる

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード