fc2ブログ

中国見聞録


3年半前くらいからだろうか?MさんはU社の新サーバー開発の橋渡しを始めていた。それが、今ではA社の総輸出の内日本向けが32%に達するまでのシェアを達成させた。A社は、来年度日本向けの生産を全体の42%にまで増やすことを目標としている。
そこにMさんとそのパートナーのSさん(工業デザイナー)は、積極的な役割を果たそうとしている。自分たちの能力を引き出し、それをA社製品に反映させる。二人は、自分たちの考える「理想のサーバー」を作り出す「相方」をA社に見出し、自分たちのライフワークを完結させたいと考えている。

正直なところ、A社本社工場の設備を見て一抹の不安を感じた。ステンレスタンクの製造から始めただけに、会社の歴史(20年)も決して短くはなく(サーバーについては12年)、それだけ工場設備も古くなっていた。だが、ステンレスタンクの洗浄殺菌設備を見て、「ちゃんと要点は押さえている」と安心した。そして、最後に訪れた新工場を見て印象は全く違うものとなった。A社の新工場は、日本向けサーバーをアセンブリするために作られた工場だ。本社から20分ほど離れた地の工場団地の一角を借り、設備だけでなく従業員の意識も一新させたワークショップだ。日本人の清潔感を意識して、言わば「日本人仕様の工場」として作られたものだ。そこにMさんの考えがしっかりと投影されているのが、見て取れた。Mさんがこの間に積み上げて来た成果と、これからのA社とMさんが目指すビジョンがしっかりと形となった工場がそこにあった。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード