fc2ブログ

群馬で成り立つ水ビジネス


水は万人が必要としている。それを供給するのは、本来ならば政府=行政の役目だ。そのために国民は税金だって払っている。が、その供給網が劣化して「不味い上に危険な水道水」しか供給ができていない。高齢者だけの世帯は、その水道水に対してまったく無防備だ。蛇口から出てくるモノを飲むしかない。薬を飲むにも「発がん性物質入りの液体」で飲むしかないなんて、世の中どうみたって「おかしい」。だからこそ、「天然水を汚染される前に、できるだけ自然なままで供給する」。商工会の今回の企画なら、アメリカで構築されたガロンボトルビジネスの「本質」を、そのまま実践に移すことができる。こちらも5ℓボトルがあって初めてできる企画ではないか!と考えている。「バルブとクレードル」を活すこともできる。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード