fc2ブログ

四半世紀をかけた出会い


だが、「昔ながらの製法」に拘り、それを一歩進めて、「水出し専用茶」の開発に地道に取り組んだ生産者が居た。茶葉成分の中で、ポリフェノールは抗酸化作用、テニアンは疲労回復・ストレスの軽減、ビタミンCは活性酸素除去に効果があることが知られている。また、茶葉に含まれるカテキンは、脂肪やコレステロール・放射性物質と体内で結びつき排泄される。水出し抽出は、茶葉が持つ大切な要素をそのままに余すところなく引き出す。水出し茶は、時間を掛けじっくり成分を引き出すことにより、お好みの濃さで日本茶が楽しめる。その日本茶の飲み方は、昨日今日発見されたものではない。日本の水の軟水という性質を活かしたお茶の飲み方は、日本の風土が生み出した有史以来のものと言ってよい。冷水で40分、薄く染まった黄金色の水出し茶にはお茶の成分の良いところだけが抽出される。私は、このお茶が本来持つ「繊細な甘さ」を味わうことを、皆さんにお勧めしたい。

伝統というものは、長い長い月日を経て確立される。そのため、合理性に富んでいる。風土なり環境的な要因に裏打ちされているので、ちょっとやそっとのことでは別のものに置き換えられることはない。しかし、グローバルの波に乗り出した日本は、戦争に打って出て負けた。その代償による価値観の変遷は、65年以上の歳月をかけ多くのことを変えた。日本の水道水に塩素を加える発想などは、その最たるものだ。農産物に、化学肥料や農薬を「くれる」など、戦争前には誰も考えもしなかった。しかし、それらが、いつしか「当たり前」なこととなってしまった今日、私たちは農薬や殺菌剤等の弊害と向き合う現実に直面している。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード