FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

C社のウソ

それだけ、このビジネスは「サーバー神話」に毒されている。その「貼り付いてしまったイメージ」をどう払拭していくか?

「クレードル&バルブ」に続いて、「手動ポンプ」を投入していく準備を始めている。大型容器=「サーバー」という思い込みを切り崩すことで、「マルチ商法」の非合理性を白日の下に晒して行く。同時に、自分たちのモチベーションの「在処」をもっと鮮明に打ち出す。「儲け」ではなく、「ニーズ」を掴む事に集中する。人々の求めているものは、「天然」の「水」であり、「サーバー」ではない。そして、万人のための「天然水」というコンセプトを明快に伝えるために、「クレードル&バルブ」及び「手動ポンプ」を無償化できるような大胆な低価格で市場に投入していく!人々が求めているものは、「健康に良い!天然水!」だ。それを「ガロンボトル業界」という狭い土俵から飛び出し、より大きなミネラルウォーター市場に向けて「問い直す」。「より安く!」「より便利に!」お届けする。ボトルに関しても「マルチ商法」と一線を画すために、新規参入社には大型ペットボトルの採用を勧めていく。そのボトル用のプラントを、弊社は既に開発し、今年2台納め3台目の納入も10月に控えている。

誰もが認める「水のニーズ」に、もっと直線的に応える。そんなシステムが、「もう」登場してもいい!駒は揃ってきたのだから、いつまでも「遠回り」をしていては駄目だ。日本には、「良質な」「天然水」が「豊富」にあるのだから、それを「もっと単純に、もっと合理的に活かす」流れを作り出す。天然の資源を近くの都市に暮らす人々に供給するシステムさえ作り出せれば、循環型社会を再始動させられる!

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<C社のウソ | Water Diary | C社のウソ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |