FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

C社のウソ

そのために、まずは率先して「損を被る」ことを止めてほしい。それさえできれば、世の中ももう少し冷静になれる。みんなが先を争って「損」を競う。この異常事態が、ほぐれないとみんなが「まともにものを考える」ことすらできない!

業界最大手と呼ばれるC社は、加盟店からの上納金に巣食う商売をしている。業界のリーディングカンパニーが「詐欺まがい」のことをしている。端的に言えば、安く仕入れたサーバーを倍の値段で加盟店に買わせる。それを「無料」で顧客宅に設置させ、そこに直営工場で作った「水」をせっせと運ばせる。サーバーは寿命が来れば、また加盟店に買わせれば良い。1軒当たりに運ばせる「水」の量が少なくても本部は気にしない。その分加盟店は、顧客数(=サーバー数)を増やすことに躍起となるからだ。「水」は、工場の稼働率が確保できる程度に売れていれば良いし、足りなくなれば工場を増やして量産すれば良い。それよりも、サーバー設置数が増えれば自らの「急成長」は維持できる。44万件が100万件になれば、どれほどの「利」が転がり込むか?初期導入セットの売り上げも「ボロい」が、加盟店を通して56万台のサーバーが売れる。それだけで、56億円が転がり込むが、サーバーの買い替え需要も基礎数字が100万台となれば、どんなに低く見積もっても年10万台(10億円)は下らないだろう。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<C社のウソ | Water Diary | C社のウソ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |