fc2ブログ

小さな天然水道局員さん 大募集!


私は、供給側がサーバーの呪縛さえ断ち切れたら、ガロンボトルビジネスに振り向いてくれる人の数を全体の3割(~10割)まで引き上げることができると考えている。極端な話に聞こえるだろうが、増えたターゲットに対し、クレードル&バルブだけで顧客を募ってみてほしい。その場合の天然水道局の機動力は如何ばかりのことになるか?
サーバーを設置して回らなければならないとすれば、1日何軒の営業ができる?軽自動車に一体何台のサーバーが載る?その在庫はどこに保管する?そう!サーバーを主にガロンボトルの「水」を売ろうとすると、いきなり1人ではできなくなる。だが、サーバーを介さない営業に徹するなら、一人で十分だ。何故なら、やるべきことの大半を「天然水」の「配達」に当てることができるようになるからだ。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード