fc2ブログ

小さな天然水道局員さん 大募集!

今までのガロンボトルビジネスには、サーバーが必須だった。つまり、サーバーを配布できるだけの資金を持つ組織でないと、販売側は務まらなかった。しかし、「水」の売価をその組織が決めるとなると、彼らは売価を利幅から導き出してしまう。サーバーに掛けたお金は、「水」代で回収するしかない。人も雇わなければならないし、膨大な宣伝費もかけねばならない。だから「水」代は高くなる。が、「水代」を高くすると、結果的には配送効率を度外視した広大なエリアをカバーしなければならなくなるだけでなく、顧客獲得のスピードは「遅々として進まない」ものとなってしまう。今のやり方では、このビジネスが「二進も三進もいかない」所以だ。

だが、クレードル&バルブで顧客が得られるならば、話は違ってくる。サーバーを必須とするガロンボトルビジネスに振り向いてくれる人は、せいぜい全体の1割だ。だが、それでも人口10万人・世帯数3万5千程度の「市」で、1割の3千5百世帯をターゲットとできれば、月3,000本(1日150本×20日)を届ける顧客数の確保は「非現実的」な数字とは思わない。1軒での月使用量が4本なら750軒、8本なら375軒の顧客があれば、月3,000本の売り上げは達成できる。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード