fc2ブログ

過熱する地下水ビジネス


「地下水ビジネス」は、まだ大型容器市場では「過熱」などしていない。成長著しいトーエルですら20万軒の顧客しか持っていないのだから、過熱のしようがない。だが、だからこそ、そこに確たるビジネスチャンスが存在している。「無料の天然資源」があり、それは日常生活に必須のものだ。公共の水道水を蛇口からそのまま飲む人はもう居ないという状況もある。そして、アメリカでの明快な成功事例もある。にもかかわらず、日本で成功しないのは、ひとえにやり方が「間違っている」からだ。事業の「日本化」作業に決定的なボタンの掛け違いがあり、本部と代理店間のキャッチボールは盛んだが、そこから先の流れが完全に滞ってしまっている。

これだけの可能性を秘めたビジネスが「開花」しない理由を見極めることのできる、スマートな頭を持った人たちの登場を待ちたい。プラントからボトルやサーバー及びそれに代わるツール、ノウハウや戦略に関しては弊社が整えてきた。「地域を固めていく」という発想を理解する人であれば、新旧を問わず「ウェルカムだ!」是非問い合わせをいただきたい!

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード