fc2ブログ

過熱する地下水ビジネス

「地下水ビジネス」という言葉を、今回初めて聞いた。しかも、その「地下水ビジネス」の中核に、いつの間にか大型容器の宅配事業が据えられていた。が、この報道は真実からは「かけ離れている」。「地下水ビジネス」というものがあるとすれば、そんなものはサントリーのような大企業がとうの昔に始めている。そして、地下水の奪い合いが始まっているとすれば、それはすべての産業に「水」が欠かせないという「至極当たり前の事実」に気が付いた企業が、「無料の天然資源」に群がり始めていることによる。

だからこそ、「ガロンボトルビジネスの将来性の豊かさと、地産地消の優位性」を声高に叫びたい。豊かな天然資源を、大企業に独り占めさせてしまえば、たちまちの内にその地の地下水を枯渇させてしまう惧れが生じる。取水地の分散化は喫緊の課題だ。地域の天然資源を、その流域に住む人々に供給する。再生可能な天然資源を有効に使うという観点から考えれば、それ以上に合理的な方法はない。取水地の分散化も適うし、輸送コストも抑えられる。

「水」をLPガス屋さんが取り扱うのは、生活の必需品を各戸に供給する(お届けする)という点で、理に適った発想だ。だが、今のようにどこか1ヶ所から遠方にまで運び込むようでは、発想の良さは活かされない。本来求められているのは、地方のLPガス屋さんが地元の名水を地域のために活かすという合理性に尽きる。

それぞれの地域に小さな「天然水水道局」があり、地域住民の天然水道水の供給に当たる。「地中で老朽化し劣化した水道管」に代わり、大型容器入りの天然水を各家庭にお届けする。「おいしさと健康と安さと安定供給」のすべてを叶えたいなら、このシステムしかない。

(つづく)


コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード