fc2ブログ

なぜ?

この不況は、いつしか「構造不況」と名付けられた。つまり、故あっての不況で一過性のものではない。「労働力と消費」のために人口は多ければ多いほど良いと考えられた。そのための人口膨張維持策として、人々には「アメ」が振る舞われた。「人権」や「自由」や「平等」という甘~い「アメ」だ。だが、そのことで、「人々のコスト」は否応もなく跳ね上がった。その「人々のコスト」こそが、今や経済成長の阻害要因になっている。だが、その事実に気が付いている人は「妙に」少ない。この期に及んでも、人々は「人口増こそが経済成長の支え」という迷信を信じて止まない。

人権や自由を得た人々は、平等に「飲み食い」をする。遠慮などしない。みんなが「王様気分」で飽食を満喫する。それが、元々に限りのある食糧や真水を消費し尽くそうとしている。「構造不況」の「構造」とは、世界的な「この」風潮を指している。飽食の裏で、工業製品よりも食糧を必要とする現実が、音もなく私たちの背後に迫っているのだ。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード