fc2ブログ

なぜ?

硬水は、それが含む鉱物質によって、水道管の内側に皮膜を作る。だから、水道管の材質がなんであれ、その材質を溶かし込むことはしない。最初はともかくとして、その後は鉱物質が被膜を作ったり、それが少しばかり剥がれたりの繰り返しをするが、元々原水に含まれるものだからプラスマイナス「0」だ。

一方日本の軟水は、鉱物質をあまり含まないため水道管に被膜を作らない。だから、水道管の材質を溶かし続ける。急速濾過法による水質の悪化も、そしてそのために施される塩素も、水道管の材質を溶かす役割を果たす。その上で、水道局は1970年初頭に余計なことをした。防錆のためと称して、「エポキシ系塗料」を日本国中の水道本管内に塗った。それが、40年の時を経て劣化を重ね、今はげ落ちている。その成分は、「発ガン性物質」として有名なMDAだ。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード