fc2ブログ

対談を読んで 2

<日本の水道水はよくなりますか 発行所(株)亜紀書房>は、1988年10月1日に第1版第1刷が刊行されています。私は、ちょうどその年に、小島貞男先生にお会いするため(株)日水コンを訪れました。もう24年も前のことなので、詳細な記憶はありません。
ただ、小島先生に箱島湧水の分析表をお見せしたところ「これは、本当においしい水ですね」と言っていただいたことと、私が「この水が村営水道として使われているのですが、その塩素を除いて商品化するという考えはどうなんでしょう?突飛すぎますか?」と質問した時、先生が目を輝かせて「それは画期的な考えだし、とてもいい」と仰ってくださったことを、今でも昨日のことのように覚えています。
結局私たちは、やまめ・イワナを生産するあづま養魚場の敷地内から湧出する「箱島湧水」を源水とし、それを除菌処理したものを商品化する道を選びました。が、水道のすべて知り尽くしながら、水道局の中での改革を断念された小島先生の「おいしい水への探求心」の一端を、「その時」見た思いがしました。

小島先生に続き、北里環境科学センターの奥田舜治先生、上毛電業の鈴木茂穂氏、元東芝の伊能建夫氏らの導きで、弊社は今日を迎えています。先達に共通しているのは、一言で言うと「技術者魂」というものでしょうか?皆さん実質を得るために一歩でも先を目指すという心意気を持ち、その点では妥協を許しません。また、皆さん現場を重視し、生活と仕事とやりたいことが一致しているという点で、日本の社会の中では異端児でもあります。その時取りうるすべての手段を排除しない。その手法は、組織の中におとなしく収まることができないものでしょう。それ故に他の人には見えない俯瞰図のような観点を、私たちに指し示してくれます。

「おいしい水の探求」の抜粋を掲げることを通じて、小島先生が亡くなられたことを知りました。ご冥福をお祈りします。私の抜粋にとどまらず、是非先生の本を手に取りお読み下さい。日本の水道の歴史が明らかになるだけでなく、先生の人となりにじっくりと接することができます。水を扱うことを志す人に、心よりお勧めします。(完)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード