fc2ブログ

日本の水道の病理

4 日本は酸性の水道水が多い-後アルカリが必要である

中西 水道統計によりますと、ph7以下つまり酸性の水道水が二分の一以上を占めている。これでは水道管は溶けますよね。一方、日本の水道水の基準をみると、ph5.8以上8.6以下となっていますが、これも不思議でしかたがない。外国の基準を見ますと、少なくともph7以上となっています。ph5.8なんて飲料水の基準ではなく、水道管をピカピカにするための基準みたい(笑)。どんな材質を使っても、この酸性ではもたない。
先生は、水道は100年の計とおっしゃっていますが、私の問題意識としては、水道管がもつかどうか以上に、溶かしたものを飲まされるのが気持ちが悪い。「人間の体の100年の計」も考えてほしいと切実に感じます。ところで、どうしてphの基準はこんな値になったんですか。

小島 これは当時の人がいなくなると、永久に謎になってしまうから思い切ってお話しします。phの基準を決めるころ、日本中の水道水の水のph値を集めて調べたわけです。そうしたらph5.8というところがあった。それが、基準違反になるのはかわいそうだという、たいへん日本的な温情主義だったと私はいまも思うのです。すでに飲んでいて差しつかえないのだから、この水が不合格にならないようにここまで落とそうということで、phは5.8を下の方の基準にしたのです。

中西 そういうお話しを聞いていると、基準値というのは水質をよくするためのものだと思うのに、現状にあるから基準値をそれにするというのでは、何のために基準値を決めているのか、わからないと思うんですが。

小島 おいしい水だし、差しつかえないわけだから、鉄管保護を考えなければph5.8でもいい。しかし、水道というのは施設から成り立っているのですから、その施設を損なうような水質というのは、健康だけではなくて施設保護の意味で、良くないことが分かってきたわけです。

抜粋はここまでとします。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード