fc2ブログ

日本の水道の病理

私たちは、歴史を見るという視点を忘れかけています。今現在の「無数にある問題」を、テレビのニュース番組と一緒になって追いかけるため、大きな視点からものを見るという考え方が、スッポリと抜けてしまっているのです。しかし、歴史を見るという視点さえ取り戻せれば、事の本質は「無造作に、目の前に横たわっている」ということが理解できるはずです。

今回の大震災で、放射能騒ぎが勃発しました。水道水が雨水の放射能を集め、それを素通しする様が報じられ、「水道水」の安全神話に疑問が投げかけられたのです。ただ、それもテレビが興味本位に報じている間だけのことでした。別なセンセーショナルな問題が取り上げられるまでの「ほんの短い間」しか、人々の疑念は続きませんでした。なにしろ「問題は無数」にあり、一つだけに拘っていては、次の問題に取りかかれません。

しかし、私たちは相変わらず「水道水を飲み続けている」という事実にもっと留意しなくて良いのでしょうか?河川に流入する雑多な物質の内、5%のものが取りきれずに蛇口から出てきます。その中には、農薬や生活雑廃物や工場排水や糞尿などが含まれています。私たちは、日夜それらを水道を通して飲み続けています。放射能よりも恐ろしいものを毎日飲み続けていることを、私たちは「放射能の素通し」という事実を通して覗き見てしまったのです。
しかし、それでも私たちは「生涯にわたり、この正体不明な水を飲み続けていくのでしょう」。もう既に65年の長きわたり、私たちはそれを飲み続けてきたのですから、どうということはありません。そういった諦観を内に抱いて、私たちは生きているのです。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード