FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

日本の水道はよくなりますか 2 

日本の水道はよくなりますか 中西準子対談シリーズ1小島貞男さん

中西 要するに、軟水は水道管を溶かす力が強いんですね。まだ鉛管のところは、日本中にたくさんありますか。

小島 たくさんあります。鉛管は、ほぼ半永久的に使えますから、昔入れた管を取り換えるわけないですよ。

中西 そうすると、昔、鉛管だったところは今も鉛管ですね。昭和六〇年の水道統計によれば、管の材質の割合は、表2.1のようになっていて、鉛管はありません。どうしてですか。

小島 それは本管についての統計です。鉛管が使われているのは、その先の細い部分です。

      表2.1 水道管は何でできているか。ただし、この統計は本管についてのもの。
      本管から家庭の蛇口までの管の中には、鉛管も多い。鉛管は将来かなり問題
      になりそうである。

          材   質        延 長 (km)     割合 (%)
       ダクタイル鋳鉄管       177,436        44.8
       鋼   管             14,531        3.7
       アスベスト/セメント管      82,412       20.8
       硬質塩化ビニール管     109,637       27.7 
       コンクリート管             433        0.1
       その他              11,681        2.9

*注 本書は1988年10月1日 第1版第1刷発行 今から20年以上前の対談をまとめたもの

(つづく)

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日本の水道はよくなりますか 3 | Water Diary | 日本の水道はよくなりますか 1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |