FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

もう一つの道

アメリカの「企業の利益を優先させる」やり方を模倣して、日本国はそれでいいはずはありません。アメリカでは企業の利益を優先させるあまり、国内の貧富の差は広がる一方です。企業だけが太り、国が痩せていく。それを「そうはさせない」保証や展望がアメリカ政府にあるというなら、是非見せて欲しいものです。国よりも企業の利益を優先させるやり方は、本家アメリカでも「矛盾」を噴出させているのです。

同様なやり方を日本国民が「善し」とするはずはありません。

まして、日本がグローバル経済の中に留まるとすれば、極めて不利な「勝負にならない勝負」をさせられてしまうのです。その上で、「派遣切り」「ワークシェア」「給料カット」を繰り返す企業の法人税を減らし、そのために「消費税を上げる」。そんなことをしたら、日本は一体どうなってしまうのでしょうか?日本の大企業はいち早く「雇用」を切り捨てて、競争力を得ようとしました。そのお陰で、日本全体は「不景気」なままなのに、大企業だけは収益性を取り戻し、回復基調に乗ってきました。その上で、法人税を引き下げれば、アメリカ同様企業だけは太ることができるのかもしれません。

しかし、それが、日本国や日本国民にとって何になるというのでしょう?

-2010.08.01掲載文(つづく)


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<もう一つの道 | Water Diary | もう一つの道>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |