FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

もう一つの道

2010年7月28日からブログに連載した「もう一つの道」を再掲載します。
本日掲載するのは、その締めくくりの分です。明日からは、改めて書き出しの部分から掲載します。今回の大震災の「復興」が単に表面的な繕いで終わることなく、「教訓を活かし切る」方向に向かうことを祈って止みません。


『確かに、私たちは非力です。大陸の中で、常に生存競争を意識し、征服と被征服を繰り返してきた民と力比べをしても勝ちようはありません。しかし、私たちの抵抗ラインが突破されると、人類は自らの最終ラインを失うこととなります。グローバル企業の最大の思い違いは、「人間」を丸め込むことはできても、「自然」は彼等の頭では考えもつかない局面を用意しているということです。その恐ろしさは、彼等だけでなく、私たちも理解していません。ただ、私たちの非力な防衛ラインが突破された時、「引き金を引いたのは誰?」であれ、人類は今まで経験したことのない圧倒的な「自然の脅威」に直面することになります。

エネルギーの枯渇に対応するという大義で建設が進む原子力発電所を、人間が考える「安全係数」などを遙かに超えた巨大な津波や竜巻が襲う。そんな悪夢が現実とならないよう、日本が「もう一つの道」を進んでくれることを「切に」願います。(完)』

(つづく)


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<もう一つの道 | Water Diary | いよいよです>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |