fc2ブログ

天然水道網の構築とサーバーの関係

「天然水道網の構築」には、一体どれほどの数のサーバーが必要となるのでしょうか?その数は、日本で今出回っているものとは桁違いの数です。私たちは、それを見据えて、いつまでも「マイナー」に甘んじることなく、もっと「王道」を進むべきです。王道とは、危険性が指摘されたままの公共水道に取って代わるという「道」です。私たちが、消費者のガロンボトルミネラルウォーターに求める5項目を満たすことさえできれば、その「道」は拓けるのです。
とは言え、私たちが相変わらず「サーバーの設置」に四苦八苦しているようでは、「マイナー」から抜け出すチャンスは遠のくばかりです。この業界は目先の「ちんまい」競い合いに明け暮れ、大局的な観点をただの一度も持ち合わせたことがありません。「マイナー」が「マイナー」である所以です。私たちが「マイナー」から抜け出す手立ては、もっと多くの人と手を携えることです。私たちが、もっともっと多くの人の利益に適うことを考えられれば、多くの人を巻き込むことで願いは成就するのです。
戦略と計画性を持って、「サーバーの技術革新」を促し、「サーバーの設置」を新たな担い手に託していく。それが、「始めの一歩」です。私は、その「一歩」を同業者の人たちの理解も得て踏み出していきたいと考えています。

インフラの整備に「安かろう悪かろう」のサーバーを充てるかぎり、「天然水道網」は敷設した先から水漏れを起こし、人々の信頼を失ってしまいます。それを未然に防ぎ、インフラの整備を確実なものとしていく端緒が、求める人に「一番良いサーバー」を「安く」提供していくことなのです。
以前は、サーバーが家電量販店に並ぶことを夢想していました。しかし、「サーバーの設置」の新たな担い手の登場は、家電量販店にサーバーが並ぶ以上に強烈なインパクトを及ぼす出来事です。その「流れ」を絶やさず、もっと大きなものにしていくために、進んで同業者の人たちへの便宜も図ることとします。ご興味のある方は、お問い合わせください。

(完)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード