fc2ブログ

天然水道網の構築とサーバーの関係

「公共水道網の敷設」には、莫大な費用が派生します。しかし、線路がなければ列車が動かないように、水道管を敷設しなければ水の供給はできません。同様に「天然水道」には「サーバーの設置」が不可欠なのです。それは、「天然水道」を「安く」「便利」に使っていただくためですが、サーバーの設置を前提にしなくては「水道」の持つ「安くて、便利」という特性を両立できないということなのです。

私に欠けていたのは、サーバーへの投資が「不可避」だという認識です。私は、「お客様が天然水を求めるならば、サーバーもお買い求めいただければいい」と考えていました。しかし、携帯電話網を普及させるためには、「先に端末を手渡してしまえばいい」と考える世の中で、私の様な考えが受け入れられる素地はありませんでした。少なくとも、「水道網の普及」という観点では、私の考え方は「無策」以外の何ものでもなかったと認めざるを得ません。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード