FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

デフレ

ならば、私たちはこの事態にどう対処すればいいのでしょうか?方策はただ一つ、今のデフレ状況は超長期化するものとして、デフレ状況下でも成り立つ経済(商売)を自分たちで切り開いていくことしかありません。今の日本政府は、盲目的なアメリカへの追随路線を打ち出しています。そんな政府に従っていれば、私たちの商売はことごとく「暗礁」に乗り上げてしまうでしょう。
デフレの長期化が意味するものは、「企業の倒産」です。供給側が供給を調整して済む問題ではなく、仮に供給をストップしてもさしたる影響がないとすれば、その企業の存在意義はすでに失われています。回りを見回して、そういう企業や商店はどれほどの数にのぼるのでしょうか?デフレ対応を国内で取ろうとせず、海外に活路を見いだそうとするかぎり、国内企業への逆風は「倍返し」で厳しさを増してしまうのです。日本にとって、まさに「自分で自分の首を絞める」ような状況は、これからが本番です。

自分たちで「デフレ対応」を編み出し実践して行かないかぎり、私たちは気がつかない内に「潰れる側」に組みしていることとなるのです。

(つづく)


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<デフレ | Water Diary | デフレ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |