fc2ブログ

売れない水

その「安直さ」に、「水」を知り「サーバー」を知る者が修正を利かせて「手堅さ」を付け加えれば、「環」は廻り出すはずです。ミネラルウォーターの製造者が積極的に自らの役割を果たすことで代理店の役割を軽減させる。そのことを通して、代理店の「儲け」をまず確定させる。それさえできれば、LPガス販売店はガスの顧客に対すると同様に「水」の顧客に対しても、顧客の利益を優先して考える余裕ができます。それが製造者・代理店・消費者の「環」をスムースに回転させる起爆・導入剤となります。

何のことはありません。結局、この業界の中核をなしたLPガスの大元が「自分だけ儲かる」ビジネスモデルを描いたことが原因で、「環」は回ることなく終わりを告げようとしているのです。代理店を儲けさせられるモデルを描いていたならば、それは利用者にも波及したはずです。しかし、そうではなかったことで、大元にもその因果が回ってきてしまったのです。
この業界の若さゆえに、誰がどれほど「儲ける」ことができるのか?どれほどの利益が妥当なのか?「それが分からないまま」大元のかけ声に乗ってみんが無我夢中でやってきました。大企業の2リットルのペットボトルを売って10~20円にしかならないという商売が一方にあります。そんなことはお構いなしに、駆け出しの新参者側が大元の利益だけは確保しようとすれば、消費者から見向きされないのは当たり前でしょう。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード