FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ガロンボトルビジネスのニーズ

一方、私たちもRO各社が作りだした状況の中で藻掻いています。町の商店がスーパーの安売りに蹴散らされたように、「サーバー料無料」を出汁に使う商法や宣伝力に、小さな独立系の私たちは対抗することができませんでした。サーバーの共同購入を呼びかけても、ペルチェを採用したパーソナルサーバーの開発を提案しても、所詮1社でできることなど知れています。誰も乗って来なければ、共同購入は成り立ちようがありません。

そして、サーバーから「自由」になるという目的で私たちが売り出した5リットルには「キャップが固くてお年寄りには開けるのがたいへん」という落とし穴が待ち受けていました。キャップがサーバー仕様なので、開けて使う時の「使い勝手」がきちんと考慮されていないのです。その点で、5リットルにはニーズがあっても、キャップが商品としての完成度を低いものとしてしまっています。その完成度を1社で高めようとしても、キャップの型代の高さはいかんともし難いものがあります。独立系のほとんどが「手詰め」で作業していることを含め、この業界の程度の低さは、相変わらずなのです。

結局、ガロンボトル詰めの「水」はサーバーの呪縛から抜けられず、総じて利用者のニーズにきっちり対応ができていないというのが実情です。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ガロンボトルビジネスのニーズ | Water Diary | ガロンボトルビジネスのニーズ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |