FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ガロンボトルビジネスのニーズ

買物弱者対策事業に応募することを通して、世の中の流れとニーズについて考える機会を得ました。そして、我がガロンボトルビジネスに思いを巡らしました。
「ガロンボトルのミネラルウォーターは、利用者のニーズに合致できているのか?」についてです。

今のガロンボトルビジネスに利用者が求めているのは、「サーバーの利便性だけではないでしょうか?」だから、そのサーバーを「タダで貸す」ところに人々が集まり、「お水は期待するほど消費してもらえない」という巡りにはまっています。
その風潮を作ってしまったのはRO各社ですが、そのRO各社が業界をリードしているかぎり、今の風潮を打破できないのは自明です。それが、RO各社の命取りになるとしても、時代遅れな代理店システムや「水処理方法」まで改めて出直すことなどできないでしょう。そもそも、日本人がミネラルウォーターに求めるものは「おいしさ」です。大企業のミネラルウォーターに「RO水」などないのに、「なぜ?」ガロンボトルのものはほとんど「RO水」なのでしょうか?その「答え」が真綿のように、RO各社の首を絞め上げています。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ガロンボトルビジネスのニーズ | Water Diary | 買物難民>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |