FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

最終決戦

いずれにせよ、「需要と供給」のバランスがきっちり取れる社会に戻るまで、今の混乱が収まることはありません。「経済成長」を維持するために拡大された「供給」は、先細りする「総需要」に対し「余剰」となって積み上がっていきます。それが形を変えて、財政の赤字を積み上げているのです。世界中が過剰な生産を競い消費を促しても、旺盛な消費欲を有しているのは発展途上国に限られています。その発展途上国の人々に円高の逆風を目一杯に受けた商品を買ってもらうことなどできると思いますか?過剰な「供給」を「財政の赤字」を増やしてでも続ける意味などないのです。

なぜ?私たちは「その無意味さ」に気がつけないのでしょうか?
それが、「最終決戦」の舞台裏です。消費者の購買力の低下で、総需要は減少の一途を辿ります。人々が気が付けない分だけ、物事は悪化し続けますが、それも一つの「矛盾」の解消方法なのでしょう。分からず屋の私たちは、「暴発」を通じてしか現実を理解できない崖っぷちにいるのです。

弊社は「需給の均衡」を求めて、そこに向けて歩を進めます。どんな社会が到来しようと「地産地消」を基本として、人々が絶対的に必要としている「水」の安定供給を目指します。その初心に変わるところはありません。

(完)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<地産地消 | Water Diary | 最終決戦>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |