fc2ブログ

TPP

政治家を、「個人的に、好きだの嫌いだの」と言ってみることに意味はあるのでしょうか?政治家はアイドルスターではないし、素人さんでもありません。政治家は「経験がなく、清新だから良い」という存在ではないのです。ですから、その「経験」が旧弊を多少なりとも引きずっているのは「当然と言えば当然」と割り切る必要があります。「旧弊」ばかりを問題視すれば、「改革」を推進できる政治家など一人も居なくなります。そして、もし「旧弊」を問題視したいなら、「もっとずっと前にすべき」でしょう。

それを「いざ」という時に持ち出して「潰しにかかる」。政治家をおとしめて、自分たちの聖域を守り通すという手法は、官僚の「十八番(おはこ)」です。その官僚たちにとって、「アメリカ」は特別な存在に違いがありません。ですから、あからさまにアメリカの権益拡大を図った小泉氏は、「無傷」なままで政治生命を全うさせることができました。官僚の信認を得て、メディアの拍手喝采を背景に、彼は「好き勝手」を続けることができました。「失われた20年」の中で5年5ヶ月を終えた小泉政権が「地方を疲弊させ」「雇用を失わせた」にも関わらず、不人気に陥らなかったのは、ひとえに官僚とメディアから「(個人)攻撃」を受けなかったからに他なりません。それに比して、小沢氏は官僚たちにとっても、アメリカにとっても、「目の上のたんこぶ」以上の存在です。以前はともかくとして、どんな手段を講じてでも「潰さなくてはならない存在」。それが、現在の小沢氏です。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード