FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水商売の醍醐味

実は弊社も一度「採算分岐点」を超え、錬金術を手にするところまで行きました。しかし、リーマンショックで押し戻され、もう一度仕切り直しを迫られてしまいました。
ただ、それを期に「群馬で成り立つ水商売」の端緒を掴むこととなりました。開業当初から、「いずれは群馬で成り立つ商売を」と考えていましたが、それを「必要性に迫られて」実施に移すこととなったわけです。しかし、弊社にとってはそれが「必然」だったということでした。念仏のように「プラン」を口にしていても、状況は何ら変わることはありません。やってみないと、そしてその手応えを得てみないと、「物事が進展するか?どうか?」ということすら分かりません。

自前の販売及び配送網を地元で構築することによって、錬金術の使える環境を自らで整えていく。それが、「どこでも(群馬で)成り立つ水商売」の核心だという確信は揺るぎないものとなりました。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水商売の醍醐味 | Water Diary | 水商売の醍醐味>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |