FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水の世紀

その経過に於いて、世界人口が爆発的に伸び、気が付いてみると先進国でも「食糧不足」がチラつきはじめたのです。日本にとっては、食糧の多くを輸入していた相手国が工業においても日本を凌いでしまったのですから、危機感を持たないわけにはいかないでしょう。いつの間にか、「どんでん返し」が現実化してしまっていたのですから、焦ります。
ただ、食糧については、その大元は「水」です。それが、豊富にある国と無い国では今後「雲泥の差」が生じます。それが、「21世紀は、水の世紀だ」と呼ばれる所以です。「水」のない国が、「水」を作り出すことはできません。しかし、「水」が豊富な国は、意識次第でいくらでも食糧を作り出すことができます。つまり、食糧安全保障という言葉など「しゃらくさい」ほどに、その根幹となるものを、私たちは豊富に持ち合わせているのです。

(つづく)



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水の世紀 | Water Diary | 水の世紀>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |